Microsoft Excel データのインポート

Microsoft Excel データを分析のために ACL にインポートするには、ACL の様々なツールを使用することができます。

機能の仕組み

データ定義ウィザードを使用することで、1 つ以上の Excel ファイルの選択、インポートする 1 つまたは複数のワークシートの指定、Excel データの ACL へのインポートを行うことができます。 インポートされたデータを基に、1 つまたは複数の新しい ACL テーブルおよび関連するデータ ファイル(.fil)が作成されます。 インポートされた各ワークシートが個別の ACL テーブルとなります。

ACL データ ファイルには、元の Excel ファイルから完全に独立した、Excel データのコピーが格納されます。

Microsoft Excel がインストールされていないコンピューター上でも、Excel ファイルからデータをインポートすることができます。

1 つのワークシートのインポートと複数のワークシートのインポート

1 回の操作で複数の Excel ワークシートをインポートするオプションと 1 つの Excel ワークシートをインポートするオプションがあります。 どちらのオプションを使用するかによって、インポート処理が多少異なってきます。

  • 1 つのワークシート インポート処理時にソースの Excel データを手動で定義することもできます。
  • 複数のワークシート ソースの Excel データの定義が ACL によって自動的に行われるので、手動での定義はできません。

    たとえば、複数のワークシートのインポート時には、以下を行うことはできません。

    • データ型やフィールド長の指定
    • インポート対象からフィールドを選択的に除外する

    データを ACL にインポート後、データ定義を[テーブル レイアウト]ダイアログ ボックスで必要に応じて調整することができます。

名前付き範囲のインポート

ワークシート全体をインポートする代わりに、ワークシートの定義された部分である、名前付き範囲をインポートできます。 名前付き範囲の作成については、Excel のヘルプを参照してください。

複数のワークシートの結合

複数のワークシートを個々の ACL テーブルにインポート後、 それらを 1 つの ACL テーブルに結合できます。 たとえば、12 個の月次テーブルのデータをすべてのデータを含む単一の年次テーブルに結合できます。 個別の ACL テーブルにインポートした後にのみ、ワークシートを組み合わせることができます。

複数の ACL テーブルを結合する方法については、テーブルの追加 を参照してください。

ヒント

作業を減らすには、新しい結合されたテーブルでデータ定義に必要な調整を行う前に、複数のテーブルを結合してみてください。

ガイドライン

Excel でデータをインポートする手順については、下のガイドラインを参照してください。

データ型と欠落データ

Excel データをインポートする際に最適の結果を得るには、インポート対象のすべてのワークシートにおいて次のことを確認します。

  • すべての列が同じデータ型である
  • 空白行や空白列がない

列と文字の最大数

Excel 2007 以降

.xlsx または .xlsm ファイルからインポートできる Excel の列の最大数、およびフィールド内の最大文字数は特定の数に制限されません。

これらの Excel ファイルの種類からのインポートは、ACL データ ファイル(.fil)における 32 KB のレコード長の制限によって制御されます。 ソース Excel データ内のいずれかのレコードによって 32 KB より長い ACL レコードが作成される場合、インポートは失敗します。

メモ

新しいテーブルを ACL で開くとき、デフォルト ビューには最大 256 個の列が表示されます。 テーブルにそれ以上の列がある場合は、必要に応じて、それらの列を手動でビューに追加することができます。

Excel 97 – 2003

.xls ファイル(Excel 97 - 2003)のインポート古い種類の処理を用いており、次を上限としています。

  • 255 列
  • フィールドにつき 255 文字
  • レコードにつき 32 KB
  • 65,000 行

サポートされている Excel のバージョン

Excel 3.0 以降の任意バージョンのデータを Excel 2016 にインポートできます。

Excel 3.0 より前のバージョンのデータをインポートしたい場合は、その Excel ファイルを .csv など ACL がインポートできる別のファイル形式として保存します。

Web ベースの Excel ファイルはサポート外

ACL では、Google スプレッドシートなどの Web アプリケーションから作成された Excel ファイルは直接インポートできません。 まず Excel でファイルを開き、別のファイル名で保存してから、ACL を使用して新しいファイルをインポートする必要があります。

上書きの動作

Excel データをインポートし、ACL プロジェクト内の既存のテーブルと同じ名前を持つ新しい ACL テーブルを作成する場合は、その既存テーブルを上書きすることもできます。

1 つの Excel ワークシートのインポート

1 つの Excel ワークシートまたは名前付き範囲をインポートして、新しい ACL テーブルを作成することができます。 インポート処理時にソースの Excel データを手動で定義することもできます。

複数の Excel ワークシートのインポート

1 つ以上の Excel ファイルから複数の Excel ワークシートまたは名前付き範囲を 1 回の操作でインポートします。 各ワークシートまたは名前付き範囲は、ACL プロジェクトにインポートされると、独立した ACL テーブルになります。

ソースの Excel データの定義は ACL によって自動的に行われるので、手動での定義は行えないようになっています。